2021年 日本オカリナアンサンブルコンクール Q&A

いただいたご質問を情報共有いたします。ご不明な点がある方は、ご参考にしてください。

Q 全演奏の動画参加(動画審査)へ切り替え(実施要領説明資料P8)の判断がされた場合、動画の提出はいつになりますか。/2021年6月24日

A: 基本姿勢として、協会は当コンクール開催にあたり、参加団体の皆様に実際のステージで演奏していただくことを第一に考えて準備をいたします。但し、今の状況は、ステージ演奏も貴重な機会ですが、それ以上に、参加団体の皆様および開催スタッフの健康を考え、やむを得ない判断をしなければならないときがあると想定しています。全演奏の動画参加(動画審査)へ切り替え(実施要領説明資料P8)の判断を7月末日に行います。同切り替えが判断された場合、動画の提出締切り期限は、9月4日の開催日にこだわらず、十分に期日を確保し、大きなご無理、ご負担がない期日に設定したいと考えております。よって、動画収録に関してあまり過度なご心配をなさらないようにお願い申し上げます。

Q 動画参加の場合提出する動画のファイル形式は指定がありますか?/2021年6月3日

A: 動画のファイル形式は、MP4/MOV/M4V/AVI でご提出をお願いいたします。
  上記のファイル形式へ変換が難しい場合は、個別にメールでご相談ください。
  japan.ocarina.association@gmail.com

Q A組またはB組でリモート参加する場合、課題曲と自由曲は、ステージと同様に連続して収録する必要がありますか?

A: リモート収録の場合、課題曲と自由曲を連続で収録する必要はありません。
 動画のデータファイルを、課題曲、自由曲に分けて2本送ってくださってかまいません。
 但し、トータルの演奏時間は、規定(課題曲・自由曲合わせて13分以内)にしたがってください。
 
 尚、衣装を交換していただいてもかまいません。

Q C組重声部合奏において、分奏は、声部に数えられますか?

A: C組重声部合奏は、同様のパートを複数人が担当することを想定しています。当然、編成によって、お一人で担当されるパートもあると存じます。C組では、この声部(パート)を5声部までとしていますが、曲中には、div.(分奏)指定の箇所がある場合がございます。(譜例1参照)

こうした div.箇所は、声部超過と認識しません。楽譜の指定通り分奏で演奏していただいて問題ありません。ただし、1パートからの派生とは認めがたい、著しい div.は、この限りではありません。(単に2つのパートを同一楽譜上に書かれたもの)

また、オクターブでの重奏も声部超過といたしません。
オクターブ違いのオカリナを合わせても声部超過にはなりませんので、低音やメロディの強化など任意の表現に合わせて演奏してください。(譜例2参照)